ただの男がバイクで世界一周を叶えるまでの記録。

高校生からの夢、バイクで世界一周を叶えるまでの記録をまとめたブログ。旅の理由、決断に至るまで、お金のこと、旅の準備、旅の様子など、考えうる全てを後に続くライダーのために残したいと思っています。

【5日目】旅バイク確保スタート

f:id:fasasabi:20221130061807j:image

 

 

11月25日(金)

7:59 16℃ テラス

ジャルジャル観てる。南米にもきてくれよ。

昨日も急な眠気で寝落ちしていた。

ブログやインスタ更新して、19時くらいから飯作った。

あ、夕方は額賀さんとはるかさんとやり取りしていた。写真もグループラインにアルバム作って上げたな。褒めてもらえて嬉しい!!

色々やらかしたことも共有した。レボリュートの件は、額賀さんも何度か経験あるらしい。他のATMでもチャレンジだな。

 

 

晩飯は豚肉のステーキともやしとナン。酔ったチリ人ライダーと絡んでいたらチーズとキノコをくれた。握手したり拳突き合わせたり忙しかったが、楽しいよな。

味もサイコーだった!!ブルーチーズってやつかな?キノコはちょっと怪しかったが信じて食った。んで21時に寝ちまった。

f:id:fasasabi:20221126230515j:image

肉の産地アルゼンチンが隣だけど特別安いわけではない。
f:id:fasasabi:20221126230521j:image

美味かった!肉を食わねば体も持たんからな。
f:id:fasasabi:20221126230509j:image

めっちゃ飲んでた。

 

 

今日はNOTARIAに行きたいが、クリスチャンはまだ来ていない。朝食にチョコとクッキーとアップルティー。4日ぶりに髭剃ってシャワーも浴びた。

 

 

 

16:22 ドミトリールーム

手続きから帰ってきた。疲労困憊だ…。

10時くらいにクリスチャンに急かされ、白人兄ちゃんのアレックスと共に車に乗せられ街へ、なんの準備もしてねーぞ!!車内の会話もわからぬまま目的地付近到着。

アレックスと何となーくの会話をしながらNOTARIA211へ。

 

わけもわからぬままままアレックスが割と流暢なスペイン語で職員とやり取りし、発券してもらい、そのまま彼が滞りなく委任状を3枚持って来てくれた。ありがとうアレックス…。

 

お互い現金に不安があったため、目の前の大きな銀行へ。

ついでだからレボリュートの現金引き出しを試してみたら、できたー!!!やったーこれで現金は安心だ!!やっぱりスーパーのと銀行のとじゃ違うんだな。

油断してたらATMの横に委任状置き忘れそうになってアレックスにクソ謝った…。

 

今度はNOTARIA045へ。

クリスチャンの奥様のフランシスカさんと合流して、委任状にパスポートの名前とナンバーとサインを記入。カウンターに提出後玄関右側の窓口で8000ペソ払って委任状返してもらって退室。

f:id:fasasabi:20221130055611j:image

お…思い出すだけで疲れてくる…。こんな手続きをあと一回、しかも今度はたぶん一人でやらねばならない…。まぁ気を遣わんぶん一人が楽っちゃ楽でもある。

 

 

んでまたNOTARIA211に三人で戻って、今度はRUT(Rol Unico Tributario)という納税証明書を取得するのだが、何だかうまくいかないようだ。アレックスのパソコンで作業し始めて20分、何とかなった。

ってあれ、ネット上での手続なの?RUT申請書は2枚作って、うち一枚はバイクの登録時に市民登記所に提出するんじゃ…。

まあそんときゃここに来るか。フランシスカさんにも確認してみよう。

 

 

彼女曰く、月曜か火曜にはもらえるらしい。これでとりあえずバイクは買えるな。

アレックスも長時間フライトで疲れているらしく、フランシスカさんと別れた後二人でブリトーとコーラを昼飯とした。めちゃくちゃ美味かったな!!作ってるとこも見れるんだが、実に面白い。米に肉に野菜にソースにと合計6種くらいをクレープみたいなので巻いて、ギュッと潰してホイルで包んで貰った。こんな飯もあるんだな。1200円は痛かったが…。

f:id:fasasabi:20221130055838j:image

半分されるがままにお任せで。沢山の種類の中から好きなの選ぶみたい。
f:id:fasasabi:20221130055826j:image

ガッツリ食い応えもあってbuen!f:id:fasasabi:20221130055834j:image

ここのお店。おすすめ。

 

アレックスとは食い物の話をした。

彼は魚が好きではないから寿司はそこまでだって。フランス人自体がそうらしい。味噌汁が好きとは驚いた。一番の日本食だぜと教えてやったぜ。

「フランスのクロワッサンは最高らしいね」と聞いた笑ってうなづいていた。

歩きながらも「チリの女性は綺麗だよな」「フランスも美女ばかりだろう」「いやそこまででもない」「旅は一人に限るな」「バイクはオフ車か」「HONDAがベストだが、高いよな」とか話してた。こんなことなら簡単に通じ合えるな。同じ人間って強く思える。

 

 

俺がWi-Fiのみで生き抜こうとしている姿を見て、「MovistarのSIMを買おうぜ。とても安いから」と言ってお店までわざわざ連れて行ってくれた。自分は用もないのに…。

彼が店員さんと話して、中に連れられ言われるがままトントン拍子で1ヶ月40GBを GET。750円てマジか。

f:id:fasasabi:20221130060320j:image

帰宅して通じてなかったから焦ったが、再起動したらこんなメッセージがきて無事に3Gと表示が出て開通された。街に出ると5Gになるみたい。

 

 

んでここで、彼はデカトロンというアウトドアショップへ。安くて質がいいから知っておいてくれと教えてくれた。俺は疲れ果てたので先に帰宅。

 

 

At.Pravidenciaというメインストリートを西に真っ直ぐ帰ったのだが、ホステルの東側はどうやら露店で賑わっているようだ。

小物や靴下、バッグにおもちゃと何でも売られていた。古本屋の通りは雰囲気もよく神保町を思い出した。

f:id:fasasabi:20221130061034j:image

新しめのビルと古い建築物が同居する。
f:id:fasasabi:20221130061014j:image

可愛くて思わず。売り物みたい。
f:id:fasasabi:20221130061022j:image

古本に老紳士は似合う。
f:id:fasasabi:20221130061018j:image

グンバツなチャンネー。
f:id:fasasabi:20221130061038j:image

首輪付いてたが野犬の動きしてた。
f:id:fasasabi:20221130061026j:image

働く人を撮るのも好きだ。
f:id:fasasabi:20221130061042j:image

完全にチャイニーズマフィア。

f:id:fasasabi:20221130061030j:image

任天堂の顔がいた。やっぱ日本のサブカルすげーな。

 

 

ホステルに帰るとクリスチャンとお手伝いさんがいて、ビールを飲もうとしているので話しかけたらいっぱい飲もうぜと誘われた。んなことより水だが、誘惑に抗えず、グラスに注いで乾杯した。日本語で「乾杯」と彼が言ったが、どこで知ったのだろう。

脳みそも肉体も疲れ果てた状態でのハイネケン・・・・・犯罪的だッッ!!

f:id:fasasabi:20221130061435j:image

二人ともどんな表情じゃい。

 

 

荷物はお手伝いさんがドミトリーに移動しておいてくれた。

彼女はスペイン語オンリーのため、ジェスチャーで伝えて最後にGraciasと伝えたらニコッと笑ってくれた。伝わったようだ。

今夜から2段ベッドの上で過ごすことになった。

全然快適だ!眺めもいい。アンカーの延長コードには助けられた。日本みたいに都合よく電源ないからな。

早めに晩飯食って、明日は改めてバイク見にいこうか。

f:id:fasasabi:20221130061600j:image

晩飯は豚肉とナンぽいのと茹でたブロッコリー

 

金 1200昼飯 委任状手数料9000円 SIM750円